ニキビ跡のクレーターのケア方法は?

ニキビ跡

ニキビがやっと治ったと思ったら、ニキビ跡がクレーターになってしまったという人は多いものです。

 

クレーターになってしまう凸凹が目立つため非常に困ります。

 

メイクでもすべてが隠せるわけではなく、どうすればよいのか悩んでいる人は多いものです。

 

クレーターのケア方法としては、一番は皮膚科に行って相談するのがよいと言えます。

 

皮膚科であれば健康保険の範囲内で治療を受けることができ、主に飲み薬や張り薬などを処方してもらい、治療していくことになります。

 

薬を使ったケア方法としては、症状に合わせて飲み薬が処方されることになるでしょう。

 

処方される飲み薬としては、漢方薬やビタミン剤、抗生物質などがあげられます。

 

症状に合わせて処方される薬は違いますが、漢方薬には炎症を抑えたり、ホルモンのバランスを整える殺菌作用などがあります。

 

またビタミンCやビタミンB群を、ビタミンEやハイチオールなどが処方されることもあるでしょう。

 

これらのビタミン類には新陳代謝を促進したり、活性炭素を除去する作用が期待できます。

 

抗生物質は、アクネ菌を殺菌する効果や炎症を抑える効果があります。

 

飲み薬による治療は、現在あるニキビやニキビ跡を改善するためには効果的だと言われていますが、皮膚の深くまでに傷が入っているようなクレーターの場合には、なおらないこともあるかもしれません。

 

そして塗り薬も処方されることになりますが、この場合には飲み薬と合わせて処方されることが多く見られます。

 

処方されるものは、角質剥離薬やステロイドなどがあげられます。角質剥離薬とは肌の表面の角質をはがすことによって、肌のターンオーバーを高めることを目的としたものです。

 

また薬に頼るだけではなく、体質を改善するケア方法も求められることでしょう。

 

内側からのケアとしては、やはり食事管理が重要です。

 

肌の質を改善させるためにも、腸の状態を整えることが大切であり、腸の健康に大きくかかわってくるものが毎日の食事と言えます。

 

食事の内容をしっかりと考えることで、腸の健康をキープすることにもつながるでしょう。

 

またこのような方法を行ったとしても、思ったような効果が得られないというのであれば、美容外科で皮膚移植やレーザー治療、ケミカルピーリングなどの手段をとることになります。

 

皮膚移植はクレーターのない肌を取り戻すことができるものの、ほかの方法と比べると費用も高額になり、治療期間も長くなります。


関連記事&お役立ち

TOPIC1

ニキビの部位別の原因とケア方法は?

TOPIC2

大人ニキビができる10個の原因とは?

TOPIC3

思春期ニキビの正しい知識とケア方法