白?黒?赤?ニキビの種類別の原因とケア方法

ニキビ

ニキビには段階に応じて白ニキビとか黒ニキビのように呼び名が変わります。

 

ニキビの種類により原因もケア方法も異なるので紹介します。

 

ニキビの段階としては、白→黒→赤→黄の順番に変化していきます。

 

 

1.白ニキビ

 

ニキビの初期段階の状態で、毛穴に詰まった皮脂や老廃物によって表面が盛り上がった状態になっています。

 

まだ炎症を起こしていないので、かゆみや痛みはありませんが、放置して不衛生なままにしておくと、次第に炎症が進んで赤ニキビになります。

 

白ニキビはおでこや口周り、あごにできやすいです。背中にもできますが、気づきにくいため、進行が進んでから発見しがちです。

 

潰すとそこから雑菌が侵入して炎症を起こすので潰さない方がいいです。ただし、炎症が起こる前に潰してアクネ菌をきっちり追い出せば炎症を防ぐことができます。

 

もしやるなら汚い爪はやめて清潔な専用の道具を使うといいでしょう。

 

 

2.黒ニキビ

 

白ニキビからアクネ菌が増殖していくと、毛穴に詰まった皮脂がやがて芯と呼ばれる脂肪の塊になります。

 

すると毛穴を詰まらせてしまいます。そのまま放置すると今度は古い角質が酸化して黒く変色し、「黒ニキビ」になります。

 

この段階になってから無理に潰そうとすると刺激が強くなってしまい、毛穴を広げてお肌に負担を与えてしまいます。そのため、無理に芯を取り除くのはやめた方がいいでしょう。

 

黒ニキビはまだ初期段階なので、セルフケアでも十分対応は化膿です。

 

 

3.赤ニキビ

 

赤ニキビは黒ニキビが炎症を起こして赤くなってきた状態を指します。増殖したアクネ菌により赤い突起ができます。

 

赤ニキビはおでこ、頬、鼻、口周り、あごにできやすいです。

 

この段階になると対処が遅れるとニキビ跡が残りやすくなります。

 

赤ニキビは目立ちやすいし、炎症を起こしているので痛みやかゆみを伴います。思わず触ってしまい、かえって悪化してしまうことも。

 

どうしてもかゆい場合は引っ掻いたりせず冷やすとよいです。ただし冷やしすぎるとお肌を乾燥させてしまうこともあるので注意が必要です。

 

赤ニキビのケア方法としては肌のターンオーバーを正常に働かせるために規則正しい生活、バランスのとれた食生活、ストレスを溜め込まずリラックスすることが大切です。

 

薬用のニキビケア商品を選ぶなら炎症を抑える効果、殺菌効果のあるサリチル酸やグリチルリチン酸ジカリウムなども効果的です。

 

ホームケアしても赤ニキビが目立つ場合は、皮膚科で治療を受ける方がよいでしょう。

 

 

4.黄ニキビ

 

黄色いニキビは赤ニキビが悪化して化膿して黄色い膿が出てきた状態です。

 

赤ニキビを放置したり、悪化させたりすると赤く腫れ上がり化膿します。こうなるとニキビ跡が残る可能性があります。

 

できやすい場所はおもに頬、髪の生え際、あごです。

 

膿は黄色ブドウ球菌が増殖した状態なので、こうなると炎症が一気に拡大してしまいます。

 

膿を自分で潰そうとすると、デコボコ状のクレーターができてしまいます。

 

跡を残さないようにするには黄ニキビの場合、決して潰さない、触らない、炎症を抑えることが大切です。

 

黄ニキビにより傷を受けた細胞はいつまでも生まれ変わることなく、修復されることがありません。

 

ケア方法としては睡眠をしっかり取り、かつ、お肌を修復する働きがあるビタミンA、B、C、Eなどを摂ることです。

 


関連記事&お役立ち

TOPIC1

ニキビの部位別の原因とケア方法は?

TOPIC2

大人ニキビができる10個の原因とは?

TOPIC3

思春期ニキビの正しい知識とケア方法