ニキビ跡の赤みを消す方法は?

ニキビ跡 赤み

何かと気になるニキビ跡の赤みは、実はいくつかの方法で消すことができます。

 

そもそもニキビは、常在菌のアクネ菌に対する過剰な反応により炎症が起こり、結果として跡が残ります。

 

また、炎症が引いても残骸が残ることで、肌の赤みが残り続けることになります。

 

ニキビ跡を少しでも早く、そしてより確実に消すには、肌に対する新たなダメージを減らす必要があります。

 

例えば紫外線はその1つで、強力に炎症を引き起こす要因ですから、外出時に十分な紫外線対策を行うことが有効な方法です。

 

更に、ビタミンCを始めとした抗炎症成分が有効なので、化粧品を選ぶ時は成分をチェックして、炎症の改善に役立つか確かめることをおすすめします。

 

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸も役立ちますから、これらも入っているか確認しましょう。

 

ビタミンはC以外にもBやEが肌細胞の味方なので、一緒に摂るように心掛けることが大切です。

 

一方では、いわゆるターンオーバーの早さがニキビ跡の赤みを消す鍵になります。

 

肌細胞の入れ替わりを意味するターンオーバーは、年齢と共に遅くなる傾向があります。

 

ターンオーバーが長くなると、傷の治りが遅くなるので、ニキビ跡も残りやすくなるというわけです。

 

逆にいえば、ターンオーバーを促進することによって、赤みを効果的に改善できます。

 

特にピーリングは有効で、肌表面の古い角質を取り除いてあげると、ターンオーバーが促進される結果に至ります。

 

あまり頻繁に行うと逆効果ですが、肌の状態が比較的良好で間隔を開けて行えば、徐々にニキビ跡が薄くなります。

 

市販のピーリング剤でも、美容クリニックの施術でも良いので、古くなった角質を取り除くケアに取り組みましょう。

 

栄養は化粧品の外用が役立ちますが、同時に食品やサプリで体内に摂取するのも有効です。

 

しかし、赤みが十分に消えるまでには時間が掛かりますから、ケア中に気になる部分については、メイクで上手に隠すのが賢明です。

 

諦め掛けていた肌のダメージは、紫外線対策をしつつターンオーバーを早めることで、効果的に改善へと導けます。

 

深く残っている跡に限れば、美容クリニックのように強力な施術が必要になりますが、比較的浅い跡なら市販のアイテムでもケア可能です。

 

それには化粧品選びや食生活が関係してくるので、肌に良いものを選んで採り入れましょう。

 

基本的なケアの保湿も改善を左右しますから、基本に立ち返って見直してみることも大事です。


関連記事&お役立ち

TOPIC1

ニキビの部位別の原因とケア方法は?

TOPIC2

大人ニキビができる10個の原因とは?

TOPIC3

思春期ニキビの正しい知識とケア方法