ニキビ跡の色素沈着ケア方法は?

ニキビ跡

ニキビをそのまま放置していると、色素沈着が起こった状態で跡が残ってしまう恐れがあります。そのような事態になった場合は、適切な方法でケアをしなければなりません。

 

その際は色素が濃くなるメカニズムについて理解する必要があります。

 

たとえば、シミの延長として生じることも珍しくありません。

 

シミを作る皮膚の細胞はニキビによって刺激を受けることがあります。

 

その結果、茶系の色素が濃くなってしまって沈着した状態になってしまうのです。

 

このタイプの色素に対しては、肌のターンオーバーを活性させることが重要なケアになります。

 

皮膚の細胞が何度も作り直されることにより、少しずつ薄くなっていくのが一般的です。

 

そのため、若い頃にできたニキビ跡であれば、数十年経った頃にはほとんど分からなくなるケースもよくあります。

 

一方、間違った方法でケアをすることでターンオーバーが乱れると、ずっと色素が残った状態になりかねません。

 

ターンオーバーは悪い生活習慣によっても容易に乱れてしまいます。その最たるものは睡眠不足や暴飲暴食なので、規則正しい生活を心がけることも重要なケアの一つです。

 

また、ピーリングよって色素沈着の状態を軽減できる場合もあります。

 

肌に負担を与えない軽めの酸を塗ることにより、古い肌の角質を取り除きやすくすることがポイントです。

 

これはターンオーバーを支援することになりますし、毛穴に入り込んだ雑菌の退治にもつながります。

 

つまり色素沈着の改善を行いながら、ニキビによる新しい色素の発生も抑えることになるのです。

 

自宅でもピーリングを実施できるグッズがドラッグストアなどで売られています。

 

パックのような手軽なタイプからソープのように洗うタイプまでさまざまです。

 

ピーリングを丁寧に行うことは、色素沈着だけでなくいろいろな肌トラブルの防止にも有効です。

 

たとえば、毛穴に入り込んだ角栓を取り出すことで引き締める効果も期待できます。

 

美容液を用いたスキンケアを日常的に行うことも大切です。

 

コラーゲンやビタミンCの含有量が多いものを使うことで、ニキビ跡に残っている色が薄くなっていくケースが見受けられます。

 

また、色素沈着が起こっているところに強い日光を当てないようにすることも大事なので、外出するときは日焼け止めを塗ることを忘れてはいけません。

 

強すぎる摩擦も色素を増やすことにつながるので、顔を拭いたり洗顔したりするときは力を入れすぎないよう注意しましょう。


関連記事&お役立ち

TOPIC1

ニキビの部位別の原因とケア方法は?

TOPIC2

大人ニキビができる10個の原因とは?

TOPIC3

思春期ニキビの正しい知識とケア方法