薄毛 遺伝

MENU

薄毛や脱毛症って遺伝するの?

薄毛 男性

遺伝だと諦めてしまう前に!

 

薄毛や脱毛症は遺伝性の物、と言われることがありますが科学的には詳しく解明できていないのが実情です。

 

男性の脱毛症は様々な原因が考えられますが、多くの人の薄毛の原因となるのが男性ホルモンの作用によるものとなっています。

 

男性ホルモンが毛髪に与える影響そのものが遺伝している場合には、親が脱毛症の場合と同じようになることがありますがその機序はわかっていません。

 

男性ホルモンが頭皮に及ぼす影響をブロックすることができる薬は、近年多くの人の脱毛症や薄毛の悩みを解消しています。

 

そうなると、たとえ遺伝性の抜け毛があったとしても対症療法ではあるものの悩みを解消することが可能です。

 

男性ホルモンの作用をブロックする内服薬を服用することによって、気になる抜け毛を防ぐことが可能になりました

 

これは、「AGA」と呼ばれる男性型脱毛症の治療ですが皮膚科やAGAの専門クリニックで治療をすることが出来ます

 

遺伝だからとあきらめていた人の脱毛症でも、薬を使って治療をすることで数か月から数年かけて徐々に発毛を実感することが可能です。

 

薄毛は遺伝だから仕方ない、とあきらめていた人はまずはクリニックを受診して治療をスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

より良い結果を出すためには?

 

ホルモンの影響を受けやすい体質が親に似ているとしても、それをブロックすることができる薬が近年治療に使われるようになっています。

 

薄毛は確かに血族で症状が出ている人がいると、自分もなるのではないかと不安に思う人は少なくありません。

 

ですが、兆候があらわれたときにすぐに治療をスタートすることで、症状を改善することが出来ます。

 

なるべく早くスタートすることで、より良い結果を出すことが可能です。

 

すぐに結果が出るわけではありませんが、世界中で実績のある治療法ですしネット上ではその様子が写真付きでアップされています。

 

数か月から数年かかりますが、確実にヘアサイクルが整い抜けた部分の毛が生えてくるようになるケースが多いです。

 

男性ホルモンに由来するAGAにのみ適用される方法ですが、多くの人の脱毛症はこれが原因となっています。

 

頭頂部や生え際の髪の毛が薄くなって困っている、という方は治療をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

親が髪の毛が薄くても、自分で治療をスタートすることで豊かな毛髪をキープすることが出来ます。

 

ネット診断や受診が出来るクリニックもありますし、治療にかかる費用は自費で1ヶ月あたり1万円前後です。