育毛 食べ物

MENU

育毛に良い食べ物、悪い食べ物は?

薄毛 男性

摂るべき食べ物は?

 

口から摂取した食べ物に含まれている栄養素が元になり髪の毛が育毛されるため、健やかな髪の毛を生み出しつつ育てていき薄毛を解消させるには、育毛に良い食べ物の摂取量を増やすべく大豆食品を献立に加えるようにしましょう

 

頭髪はケラチンと呼ばれるタンパク質で生成されており、タンパク質の量が十分でないと生成自体が行われなくなるのでタンパク質の摂取が必須なのですが、タンパク質は良質な物を得た方が効果的であるが故に、良質なタンパク質を潤沢に有している大豆食品を積極的に口にする事が大切です。

 

また、男性の方が薄毛に悩まされやすい上に年齢を重ねていくほど薄毛や抜け毛の量が増えていくのはなぜか?

 

それは体内の女性ホルモンの量が減少し、男性ホルモンの割合が高まっていく様子も関係しているので、女性ホルモンが増やせるという大豆食品の働きを得るためにも大豆食品の摂取は有効的です。

 

大豆食品は豆腐や納豆、味噌など食生活を和食にした際に食卓に並べられる食べ物に多く含まれているため、和食を中心とした食生活に切り替えると自然に大豆食品が有している大豆イソフラボンが得られます。

 

同様に活発化している男性ホルモンを働きを抑制させたり、割合を低くさせられるのが亜鉛です

 

亜鉛は穀類や魚介類、豆類や肉類に多分に含まれている亜鉛を摂取すると男性ホルモンの働きが落ち着くのと共に身体の代謝を高めてくれます。

 

身体の代謝が高まると頭部も含めた全身の隅々に存在している血管が広がり、流れる血液量も増量するので血液に乗って栄養素が頭部に行き届きやすくなります。

 

血液に乗って運ばれた栄養素が頭部に行き届くと、毛母細胞が栄養を得て髪の毛を再び生み出すようになります。

 

すると、産毛のように細くなっていた髪の毛が濃くて太いものになりますし、髪の毛が存在していなかった毛穴から再び髪の毛が発毛されます

 

避けるべき食べ物は?

 

一方、健やかな育毛のためには避ける必要がある食べ物が牛肉や豚肉、マヨネーズやバターであり食材の全てに共通しているのは動物性蛋白質を含んでいる事です。

 

動物性蛋白質は身体を成長させるには適量を摂取する必要があるのは事実です。

 

しかし、日々過剰摂取し続けた状態になると育毛が阻害される上、多量に含まれている脂質により頭皮に分泌される皮脂量も増えて毛穴が詰まり抜け毛が進行します

 

さらに、ファーストフードやインスタント食品なども砂糖や脂肪分が多く含まれているので、育毛の事を思慮すると口にする頻度を意識した方が良いです。